トラックドライバーってどんな仕事をするの?魅力は?

トラックドライバーの仕事内容

現在はインターネット通販を利用する方も増え、その荷物を運ぶトラックも町中を沢山走っています。また、個人の宅配便の他に、資源を輸送するトラックや、引っ越しの荷物を運ぶトラックなどその種類は様々です。トラックドライバーの仕事は大まかに分けると、大型や中型、小型や軽貨物配送ドライバー、宅配ドライバーなどがあります。トラックのサイズにより仕事内容やお給料もかなり変わって来ます。大型のトラックドライバーの場合、長距離を走るケースが多いです。長距離を走りますので体力は必要ですが、基本的に仕事は運転がメインですので、仕事中は誰かに干渉される事が少なく、人間関係でのストレスは比較的少なめです。

気軽にできるトラックドライバーの仕事

大型のトラックドライバーの仕事は、大型免許を取得しないと仕事が出来ないのでお給料が比較的良いです。ただ、大型免許取得は普通自動車免許より難易度は高く、大型のトラックドライバーになるハードルも高くなっています。そこでオススメしたいのが、宅配ドライバーになってトラックを運転する仕事です。軽トラックなら基本的に普通自動車免許で運転することが出来ますので、大型免許を取得すること無く、トラックの運転手として働くことが出来ます。また、宅配ドライバーはどちらかというと長距離より短距離を走るケースが多く、個人宅や企業へ荷物を運ぶような仕事がメインとなってきます。指定されたルートを運転するだけの仕事も多く、仕事自体の難易度もかなり低めです。今直ぐにトラック運転手になりたい人は、はじめは宅配ドライバーからやってみるのも良いでしょう。

トラックドライバーの求人では、勤務時間に実働8時間というような書き方がされています。この実働時間には、運転と作業以外の検品や待機の時間は含まれていないので、勤務時間はそれら込みで考える必要があります。

Related Posts